美容外科の求人を見て応募しました

医師として最も遣り甲斐を感じることであり、医師になってよかった

あまりに醜いために、両親も悲観し将来結婚できるのかと心配していた両親の遺伝子を受け継ぎ、IQだけは高かったので勉強はよくできました医師として最も遣り甲斐を感じることであり、医師になってよかった

大学は高校などと違い閉鎖的ではない開かれたクラスやカリキュラムで、いじめの心配もなく通学することができました。
勉強を頑張って卒業時にはトップで卒業であり研修医では、整形外科に関心をもちそれを専門に勉強することにしました。
最初は交通事故やがんで失った乳房や足、腕などの修復整形外科治療などを主に勉強していました。
次第に美容整形の分野も興味がわき、勉強するようになっていきました。
自分も容貌の美醜で非常につらい体験をし苦しみ、人生がおかしくなってしまった経験があることからそういった容貌に関する悩みを持った人の気持ちに寄り添い、サポートしたいという気持ちが強くなっていきました。
美容外科分野の求人も年々多くなっており、それだけ容貌に関して悩みコンプレックスを抱えメンタルを病んでいる人が多いことも知っていたのです。
病気やケガだけを治せるのが医師ではなく、治療行為を通して心のケアに努めるのも医師の大事な仕事なのだと考えるようになっていきました。
医学部卒業後は大学病院の外科を専門に勉強し、卒業後は大型病院の外科医師として経験を積み、その後に美容整形外科クリニックで専属医師として働くようになりました。
毎日のように、私と同じく見た目や顔立ちにコンプレックスを持って悲しいつらい経験をしている人がたくさんやってきます。
手術を施した後は見違えるほどの笑顔になって自信をもってクリニックを後にしていきます。
その時が医師として最も遣り甲斐を感じることであり、医師になってよかったと思っています。

美容外科の求人情報 : 美容外科コールセンター-東京都の転職・求人情報